Landscape | 色々とぽいぽい。創作でも結構適当だったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 抹茶 on  | 

ダイヤの国のアリス~Wonderful Mirror World~ 

数日前に出ていた事を知りました。
………………
…………
……
知りませんでした。

前作のダイヤの国のアリス ~Wonderful Wonder World~ はプレイしていたんですけれどね、ちょうど出た時(2012年)に買ってプレイしていたのは覚えているのですが、その続編が半年に出ていたとは!

今回はQuinRoseさんから出ている乙女ゲーム、アリスシリーズの話です。

このシリーズ、ハートの国のアリス~Wonderful Wonder World~からプレイしている、結構好きな乙女ゲーです。最初のPC版はプレイするのが若干めんどくさい(色々と長い)ので、プレイしやすくなったPSP版などをお薦めします……。新装版でハートが出なおしているし、今年はクローバーも出るようなので買い直そうかなぁとか。
そういえば先日29日にハートの国のアリス~Wonderful Twin World~ が発売されました。こっちはまだ全然どんなものか分かりません。あと、今年はアリスシリーズ7周年目らしいですね。おめでたい。

今日のメインはダイヤミラーのお話です。
ダイヤワンダーから攻略対象が限られていて、通常より少なくなっていますので、それぞれのファンが根強いアリスシリーズでは、「あ、あのキャラできないのー!」ってなる人も多かっただろうダイヤワンダー。いつもなら10人前後という大人数が相手だったので正直減って嬉しい反面、好きなキャラがいないのはイマイチ盛り上がりにかけてました。(個人的に)
でも見所もありましたけどね、ショタエースとかショタメアとか!!

ちなみにわたしは、アリスシリーズでは、
カップリングはユリウス・アリス。
キャラはエースが好きです。
時計塔三面子がいればとりあえずわたしは嬉しい。
だからミラーの見逃しは本当に痛かった!!!
ミラーはまさにユリウス・エースメインのお話といっても過言ではなかったからです。それを知ったわたしは即効密林さんでぽちりました。
正直、ダイヤワンダー覚えていないけどまぁいっか!と思ってとりあえず始めましたよ。
最初の攻略はユリウス。
05.jpg
ハートの国での一番最初の保護者。クローバーの国で弾かれユリウスと別れて、やっとクローバーの国に慣れてきた頃、ダイヤの国に飛ばされた、というのが始まり。(クローバーとダイヤの間にジョーカーがありますが、その記憶は無い様子)
なので、ハートの国で一緒に暮らしていたユリウスとはまったく違うユリウスで、アリスの事など知らずまた一から関係を築くことになるわけです。
わたしの感想。

ダイヤのユリウスも別に嫌いじゃないけど、ハートのユリウスが出てくるくだりが辛くて切ない。ユリウス!!・゚・(ノ□`)・゚・。

幸せだけどどこかホロ苦い。これはナイトメアにもいえるのですが、ハート(一番最初の国)からそこのキャラがやってきたらどっちも選べないよってなりますね、正直。それでもアリスは選ばないといけないし、選ばれなかったほうは寂しそうにするのは当たり前ですが見ていて切ないなぁと思ったのが感想でした。
あと、ユリウス等に関して核心に迫る秘密が少しずつ明かされていくストーリーでもありました。
新しい国へ行き、アリスがこの世界に同調するにつれ、明かされて行く世界の謎は重く、暗く、すごい世界観だなぁと改めて思いましたね。全編通してキャラがコミカル、コメディなのはありはしますが、ジョーカーが出てきたあたりからずどーんとどんどん重いストーリーになっているような気がします。
すごい乙女ゲームだ。
たしかに、甘い話もありますし、というかCEROがDなので結構行き過ぎた描写もあったりします(18禁じゃないので直接的なものはありませんが)。
17歳以上なのは別にそっちだけじゃなくて、血がドバーだったり結構平気でグサグサやっていたりしますのでそっちの意味合いも大きいんだろうなぁ。
みんなアリスが絡むと容赦ない。

ユリウスの次はエース。ミラーの真打。
08.jpg
ワンダーではショタだったエースは成長して青年になっていました。
それでも可愛い。いや怖い。
エースは大きくても小さくてもエースです。爽やかなくせに黒い。そして迷子。大人はそれ+卑猥。
恋愛の面ではハートの国から出張してきた大人エースがお相手でした。
ストーリーは、もう重すぎました。ユリウス→エースとやると、ユリウスルートのユリウスのセリフなどを思い出して、「あああああ・゚・(ノ□`)・゚・。 」てなる。彼が迷子の理由も、エースのもう一つの仕事の事もユリウスの事も大体語られていました。全部なのかな。所々ぼかしてあるので明確な答えはよく分からないのですが、エースもどうやら元々はアリスと同じだったようです?
ハートのないハートの騎士。このゲームの登場人物の中で一番狂っていると言われている彼ですが、あまりにも抱えているものが重いです。そりゃ迷子になるし病むし狂うだろうなぁ。
全て選択していても迷い続ける。あの時の選択はこれで良かったのか。
最近わたし自身も色々と迷っているので、一緒にしょんぼりしてました。
エースに関しては、今のところ救いが見えない(というか迷子から抜け出すことは出来るのかなぁ)。せめてアリスがずっと傍に居て一緒に迷い続けて欲しいところですねー。
あと、エースに関してもう一つ、声優さんが平川さんで本当に良かったと思いました。
演技が上手すぎる。本当に。
恋愛方面に関しては、平川さんの艶っぽさと色っぽさが感じられます。というかエース自体が卑猥すぎるよ、なんだもうやりたい放題ww初で青○とかないwwww

ハートをプレイした最初の感想は、帽子屋がメインなのかなぁとか思いましたが、白兎は真相ルートだし。何か良く分からないままでした。ただクローバーをやってからは、正直ユリウスがメインのお相手でいいんじゃないのって思ってます。新作でもユリウスの嫁だし!嫁!いいな、ユリアリ。ユリアリにエースが混ざって三人で仲良くしているのが一番好きなのでほっこりする。
多分、ユリウス、エース、アリスが好きな人はセットで好きな人も多いんじゃないかと思います。

だからミラーのユリウスアナザーエンド「三人でスケートEND」が個人的にはとても好きです。エースが二人の手を離そうとしないところとかがエースED見た後だと切ない。
「だって寂しいじゃないか、折角繋いだ手を離すなんてさ」
爽やかに言うけれど。手を離したらいつまで繋がっていられるか分からない。離したらもう二度と繋げないかもしれない。
過ぎ去ってしまった時間には戻りたくても戻れないから、ということでしょうか。
中々複雑なお話でした。

これは乙女ゲームですけれど、あまり普通の乙女ゲームらしくない作品ではあるのかなぁ。
普段はプレイしない人でも、興味があれば……と言いたいところですが人を選ぶ作品ではあるので何とも言えない。
まず、アリスを受け入れられるかっていう点が一番大きいかもしれない。これも人それぞれですね。
わたしは、迷いすぎだろ。と思ってます。
正直、エースの過去が重すぎたせいで、アリスの過去ってそこまで重く考えるものなの?って思ってしまうくらいには。
罪の意識は、人それぞれでしょうけどねー。っていうのが最終的な感想になりました。




関連記事
スポンサーサイト
Category : ゲーム
Posted by 抹茶 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://evadegrossouvre.blog75.fc2.com/tb.php/137-5028539d
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。