Landscape | 色々とぽいぽい。創作でも結構適当だったり。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by 抹茶 on  | 

カーマボーコー!

先日お絵かき動画を見ていたら、動画の途中で何故かゲームのプレイ動画に変わりまして(息抜き?)、見ていたら懐かしくてまたやりたくなったので、久しぶりに動画を漁っていたらやっぱり面白くて。自分でもプレイすることにしました、っていうゲーム日記?

タイトルでわかるひとはわかるかな。
「カーマボーコ!」だったり、「ハーゲンダッツ」だったり、「VIPPER」だったりと空耳も酷ければゲームも色んな意味で酷い(褒め言葉)、あのゲーム。

スタイリッシュアクションゲームの『BAYONETTA』(2009年・セガ)です。

もう4年も経つのかー。早いな。当初は箱版を買ってプレイしていました。
色々と今までにないゲームで、あれほどぶっ飛んでいるゲームもそんなにないなぁと未だに思います。
まず、操作キャラであるベヨ姐が強く美しくかつセクシー(あれはもうエロとかそういうレベルじゃない)。
痴女だったり○ッチだったりが褒め言葉ってどうなんだ、とは正直思いますが、それを抜きにしてもベヨ姐さんはカッコイイ!
魔女の力を使って、敵を倒していくスタイリッシュなアクションゲームなので、とにかく「カッケェ!」です。
プレイが上手な人のだとただ驚嘆するしかないくらい。
あとは音楽もとてもかっこいいです。有名なジャズだったりクラシックだったり、歌入りだったりスタッフさんの過去作品からだったり?と、バラエティに富んでいます。
そのせいか、サウンドトラックの枚数は5枚とか……あれ、FFもそうだしそんなものだっけ?でも多いよ!
素敵な音楽に合わせての戦闘だから、ホラー要素(?)だったり敵が不気味だったり、結構グロかったりしますが全然怖くない。むしろスッキリ爽快。
内容は、悪魔と契約した魔女のベヨ姐さんが天使たちを斃しつつ、色々と取り戻しにいく、っていう一本道のストーリーだったと思いますが、正直あまり覚えていなくて。
最後あたりがすごくカッタルかったってのは覚えているんですけど。あと、あるマップがすごく苦労したなーとか、そういうのは記憶にありますが、ストーリーは、最後結局ああなってこうなってどうなった?ってカンジで覚えてない。ちゃんとクリアはしているんですけど……4年前の記憶はあやふや。

なのでまた最初からやろうと思って、物置になっている箱を数年ぶりに繋げてやろう!って思っていたのですが、肝心のソフトが見つからず(´・ω・`)
……あれ?処分したのかしらアレ、それすら覚えてない。
再び箱版を手に入れるのも結構厳しそうだったので、PS3版を買いなおしてきました。

とりあえずイージーで(
……アクション苦手なんです。この手のゲーム好きなのですが苦手で。
敵を倒すのはまだいいんですが、途中の仕掛けだったりジャンプして移動するとかいうのがすごく苦手で。
よく落ちます。落ちます。何度リトライすればいいのだ。
反復横とびとか苦手なので、反射神経が悪い人です……。それでも頑張ってプレイしてます。
敵を倒すのは爽快です。スッキリ。でもこれ多分ノーマル以上になるとストレスたまりそう。
イージーでとりあえず自然と出来るようになったら、ノーマルに挑戦してみようかと思います。
とりあえずサクサク進んで、ラスト付近のビル近くまで来たので、さっくりクリアして練習するかな。

久しぶりにプレイする昔のゲームで今でも楽しめるというのはいいですね(*´∀`*)

動画。
ベヨネッタっていったらやっぱりコレ。
『ベヨネッタ紳士用』

最初のセクシーコマンド、初見のときすごく笑いました。
あの間がなんとも言えない。

ノーダメのピュアプラチナ動画。
『ベヨネッタ・序章(ブルマ) その1』

2周目以上(だろう)の方のプレイ動画ですが、ノーダメってすごいです。まねできない。プレイ主さんはとてもお上手です。あとコメントの統一感に笑える。みなさん調教済みで一体感が。
服装に突っ込んだら負けです。

さすがにここまで魅せれるようには無理だけど、自分が楽しめればそれが一番です。
わたしもはやく衣装変えたい……!

関連記事
スポンサーサイト
Category : 日常雑談
Posted by 抹茶 on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://evadegrossouvre.blog75.fc2.com/tb.php/124-7dc289fb
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。